むくみやたるみなどを同時に改善することができます

サイトメニュー

顔が変われば人生変わる

看護師

小顔になりたい人必見です

綺麗になる方法として有名な小顔矯正ですが、大きく分けると2つの種類があります。1つは整体やマッサージなどで骨の形を矯正する方法で、整骨院やエステサロンなどで行われる施術です。人の骨は成人であれば200ほどの数で、その内頭蓋骨は約20の骨で構成されています。骨の歪みを矯正したり、贅肉をリフトアップしたりすることで小顔にもなれますがその効果はあくまで一時的です。その一方で効果が半永久的な小顔矯正が美容整形で、こちらは施術をすればそのままの効果を維持できるでしょう。しかしサロンや整骨よりも値段はやや高価になりますし、注射や美容糸を使う方法でなければ腫れや赤みなどが一時的に残ることもあります。注射や美容糸を使う方法はそれほど大きな効果が出るわけではありませんが、逆にいえば“自然な変化が欲しい人”にぴったりではないでしょうか。とはいえ今より二回り顔を小さくしたいと考えている人や、骨格から変えたいと骨削り(整形の一種、骨格を削って小顔にする整形方法)を考えている人もいるでしょう。その場合は整骨や注射よりもベンチタイム(赤みや術後の腫れがひくまでの時間)が多少かかったとしても、大きく変われる施術方法を選んだほうが良いと考えられます。このように小顔矯正にはいくつか種類があり、それぞれに強みと言えるメリットがあるわけです。料金や変化の方法はもちろん、人にバレるかバレないかといった部分も変わってくるでしょう。ですから、自分の希望や条件を明確にしてからどの施術方法が良いかを選ぶのがおすすめです。
いろいろな美容整形がある中で、小顔矯正は整形の種類がいくつかあります。特に最近人気なのはボトックス注射やヒアルロン酸注射で、皮膚に薬剤を注入する整形方法です。注射であればほとんど跡は残らず、肌に赤や黄色のぽつんとした点が残ったとしても1週間も経てば消えたりほぼ目立たなくなったりしてしまいます。それに注射後半年〜一年ほどでその効果は薄れていくため、術後のしあがりが気に入らなくても時間が解決してくれるでしょう。もしもボトックスやヒアルロン酸注射が気に入った場合は一定期間を経て注射を繰り返すことで、その効果が定着するケースも多々あります。ですから、時間をかけて自然に小顔になりたいと考えている人にはこうした方法が適しているでしょう。注射以外では、美容糸を皮膚の内部に埋め込んで肉を持ち上げ、顔を小さくみせる方法もあります。これも注射と同様で変化は小さいものの傷跡はほとんど残らず、自然な若返りや小顔化を可能にする方法です。もっと大きく変わりたいなら顎やエラの骨を削る方法や、口腔内から頬についた脂肪を取り除く整形方法が良いでしょう。これらは小顔矯正術の中でも費用が高く50万円〜100万円単位で費用が必要になることもあります。しかし、骨を削るといっても耳の裏から専用の機械を差し込んで施術したり、口腔内からの施術なので大きなキズが残るようなことはほぼありません。今説明したように小顔矯正は種類も豊富で個人のなりたいフェイスラインや用意できる予算に合わせて色々な術法を選べます、こうした多様性が人気の秘密なのではないでしょうか。

Copyright© 2019 むくみやたるみなどを同時に改善することができます All Rights Reserved.